東北大学多元物質科学研究所の鎌形清人准教授、高橋聡教授、永次史教授、および産業技術総合研究所人工知能研究センターの亀田倫史主任研究員らの研究グループは、がん抑制タンパク質p53が液滴状の会合体を形成することを発見し、液滴状の会合体により機能を調整する仕組みを提案しました。

プレスリリースはこちら