2019年8月30日に当社グループは重要な創薬候補化合物である肝線維症治療薬F351の中国における第2相臨床試験のデータ集積を終了したことをお知らせしましたが、その際、本臨床試験で行われた肝生検の病理データを含む本試験の結果解析を行う予定である旨ご報告いたしました。本件に関し、NMPA(以前のCFDA)との協議に必要なデータ分析及び準備についてその進捗をご報告申し上げます。

プレスリリースはこちら