京都大学大学院医学研究科 浅田秀基 特定講師、岩田想 教授、東北大学大学院薬学研究科 井上飛鳥 准教授らは、血圧の調節に重要な生理活性ペプチドホルモンであるアンジオテンシンII(AngII)が結合した2型アンジオテンシンII受容体の立体構造を世界に先駆けて明らかにしました。AngIIは血圧を調節する作用を持つ生理活性ペプチドホルモンであり、アンジオテンシンII受容体(ATR)と結合することで血圧を調節することが知られています。そのため、AngII、およびATRは高血圧症の治療薬の重要な標的となっています。これまで、私たちはAngIIの類似体が結合した2型アンジオテンシンII受容体の構造を決定しましたが、AngIIが結合した構造は未知のままでした。今回、このAngIIが結合した構造を明らかにし、AngIIの類似体が結合した構造との比較から、細胞外の情報が細胞内へ伝わるメカニズムの一端を明らかにすることに成功しました。今回の結果は、血圧が調節されるメカニズムの一端を立体構造から明らかにするもので、高血圧症に対する理解をより深めることが期待されます。

プレスリリースはこちら