北海道大学大学院薬学研究院の前仲勝実教授・黒木喜美子准教授らの研究グループは、エイズ発症の主原因となっているヒト免疫不全ウイルスHIV-1と多くの感染者に対してエイズ症状を発症しにくいHIV-2について、HIV-2でエイズ発症が遅延するメカニズムを解明しました。

プレスリリースはこちら