自己免疫疾患である関節リウマチ(RA)や炎症性疾患である変形性関節症(OA)病態に大きく関わる関節組織の細胞は滑膜細胞であるとこれまで考えられ、広く研究されてきました。その結果、治療法も進歩してきましたが難治例は未だに存在し、完治が困難な疾患です。

プレスリリースはこちら