MSD株式会社は、本日、ヒト免疫不全ウイルス1型(HIV-1)の逆転写酵素に対する新規の非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(NNRTI)である「ピフェルトロ錠100mg」(一般名:ドラビリン)に関し、「HIV-1感染症」の効能・効果で製造販売承認を取得しました。ピフェルトロは、主要なNNRTI耐性ウイルスに対し阻害活性を示し、HIV-1感染症治療の新たな選択肢となる新規NNRTIとして開発されました。ピフェルトロは、他の抗HIV薬との併用で、1日1回1錠を、食事の有無にかかわらず、また、1日のうちのどの時間でも服用することができます。

プレスリリースはこちら