大阪大学の福間良平特任助教(常勤)(大学院医学系研究科 脳神経外科学)、栁澤琢史教授(高等共創研究院)、木下学講師(大学院医学系研究科 脳神経外科)、貴島晴彦教授(大学院医学系研究科 脳神経外科)および脳情報通信融合研究センターの篠崎隆志研究員、国立がんセンター中央病院の成田善孝科長、大阪医療センターの金村米博部長らの研究グループは、GradeII,IIIの神経膠腫のMRIから、深層学習の一種であるConvolutional Neural Network(CNN)を用いて画像の特徴を抽出することで、これまでの方法よりも有意に高い精度で予後に関わる遺伝子変異の有無を推定することを示しました。

プレスリリースはこちら