大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:野村 博)の連結子会社であるユーロバント・サイエンシズ・リミテッド(本社:英国、米国ナスダック(NASDAQ)上場、以下「ユーロバント社」)は、2019年12月30日(米国時間)に、米国において開発中のβ3アドレナリン受容体作動薬ビベグロン(一般名)について、切迫性尿失禁、尿意切迫感および頻尿の症状を伴う過活動膀胱(OAB)を適応症として、米国食品医薬品局(FDA)に新薬承認申請を行ったことを発表しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら