北海道大学遺伝子病制御研究所の清野研一郎教授、同大学大学院医学研究院産婦人科学教室の渡利英道教授、聖マリアンナ医科大学産婦人科学教室の鈴木直教授、滋賀医科大学医学部臨床腫瘍学講座の醍醐弥太郎教授(東京大学医科学研究所特任教授を兼任)、神奈川県立がんセンター臨床研究所の宮城洋平所長らの研究グループは、卵巣がん患者の病巣における液性生理活性因子インターロイキン-34(IL-34)が、がんの悪性度を高める一因であることを初めて解明しました。

プレスリリースはこちら