(マサチューセッツ州ニュートン、2019年12月23日)-Karyopharm Therapeutics Inc.(Nasdaq:KPTI、以下、カリオファーム社)は、本日、ファーストインクラスの経口の選択的核外輸送(SINE)タンパク質阻害剤である経口XPOVIO(selinexor)について、2回以上の多剤併用療法での治療歴があり、CAR-T(キメラ抗原受容体修飾T細胞)療法を含む幹細胞移植の不適格な再発または難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)患者の新しい治療薬として、迅速承認を求める承認申請(NDA)を米国食品医薬品局(FDA)へ提出したことを発表しました。

プレスリリースはこちら