東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系の嶋田直彦助教、丸山厚教授らの研究グループは、同 櫻井実教授および東京大学 大学院理学系研究科の樋口秀男教授のグループと共同で、分子シャペロン機能を有するイオン性くし型共重合体により、脂質二重膜の2次元ナノシートと3次元小胞間の高効率で可逆的な変換操作に成功しました。

プレスリリースはこちら