大阪大学大学院医学系研究科の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのグループは、これまで重症心不全患者に対する筋芽細胞シート移植やiPS細胞を用いた再生医療など、多岐にわたる重症心不全治療の開発を進めてきました。また、一方で低侵襲心臓手術の推進にも積極的に取り組み、今では標準的な治療法となった経カテーテル的大動脈弁置換術においても、2009年に国内初の症例を無事成功しております。今回、これまでは人工心肺を用いて心臓を一時的に停止させて行っていた僧帽弁形成術を、左胸部の約4cm程度の創部から心尖部から挿入したデバイスを用いて腱索を再建することにより、人工心肺を用いずに心臓拍動下に僧帽弁形成術を行い成功しました。

プレスリリースはこちら