神戸大学大学院保健学研究科の西村範行教授、大学院医学研究科の山本暢之助教、植村優特命助教、兵庫県立こども病院の小阪嘉之副院長、長谷川大一郎部長、石田敏章医長らの研究グループは、シスメックス株式会社との共同研究で、高リスク神経芽腫(副腎や交感神経の細胞にできる固形腫瘍)患者の治療効果の判定や再発・再増大の早期診断に有用な、治療後に残存する病変のモニタリング法を開発しました。今後、治療後に残存する病変に基づいた治療法の開発、神経芽腫患者の予後改善に繋がると期待されます。

プレスリリースはこちら