サンバイオ株式会社と大日本住友製薬株式会社は、本日、再生細胞薬「SB623」(以下「本剤」)の慢性期脳梗塞を対象とした北米(米国及びカナダ)における共同開発を中止し、サンバイオの米国子会社 SanBio, Inc.と大日本住友製薬において2014年に締結された共同開発及びライセンス契約(以下「本契約」)を解消することで合意しました。本契約の解消により、北米の本剤に関する権利はサンバイオグループ(サンバイオ及び SanBio, Inc.)に返還されます。また、今後両社間において、開発協力金及びマイルストン等の支払及び受領は発生しません。なお、大日本住友製薬は保有するサンバイオ株式について、現時点で売却する予定はありません。

プレスリリースはこちら