株式会社ヤクルト本社と、国立病院機構下志津病院の鈴木 修一小児科医長は、スギ花粉症症状を有する方を対象に、乳酸菌「ラクトバチルス プランタルム YIT 0132」(以下、乳酸菌LP0132)を含む発酵果汁飲料(以下、乳酸菌発酵果汁飲料)の継続摂取試験をスギ花粉飛散時期に実施しました。その結果、以下の3点が示されました。

プレスリリースはこちら