大阪大学大学院医学系研究科の横田貴史講師(血液・腫瘍内科学)、同医学部附属病院の上田智朗医員(医師)(血液・腫瘍内科)らの研究グループは、血管内皮・造血幹細胞に共通する表面マーカーESAM(Endothelial cell-selective adhesion molecule)が、マウスにおける血液細胞の発生、特に赤血球における成体型ヘモグロビン合成に重要であることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら