北海道大学大学院先端生命科学研究院産業創出部門の五十嵐靖之招聘客員教授、湯山耕平特任准教授らの研究グループは、植物由来のセラミドがアミロイドsペプチド(As)蓄積を軽減させることを疾患モデルマウスを用いた実験で発見しました。

プレスリリースはこちら