当社は、このたび、第61回米国血液学会年次総会において、血液疾患に関する9つのポスター発表を行いましたのでお知らせします。これらの発表では、当社が、実臨床データを取り入れるとともに革新的なアデノ随伴ウイルス遺伝子治療を開発することにより、希少出血性疾患治療薬の進歩に取り組んでいることが示されています。

プレスリリースはこちら