小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良暁、以下、当社)は、ブルトン型チロシンキナーゼ(以下、BTK)阻害剤である「チラブルチニブ塩酸塩(ONO-4059)」(以下、チラブルチニブ)について、「再発又は難治性の中枢神経系原発リンパ腫(以下、PCNSL)」患者および「原発性マクログロブリン血症(以下、WM)及びリンパ形質細胞リンパ腫(以下、LPL)」患者を対象とした以下の2つの臨床試験の結果が、米国、フロリダ州で開催中の2019年米国血液学会(ASH)年次総会において、各々12月7日(土)および8日(日)に発表されたことをお知らせします。

プレスリリースはこちら