神戸大学先端バイオ工学研究センターの猪熊健太郎学術研究員、蓮沼誠久教授、大学院科学技術イノベーション研究科の近藤昭彦教授らの研究グループは、出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeの細胞表層(細胞壁)に発現させた異種生物由来のタンパク質の局在(立体配置)を人為的にコントロールできることを発見し、その現象を利用して酵素などを酵母の細胞表層に、より効率的に集積させる技術を開発しました。

プレスリリースはこちら