Veeva Systemsは、臨床開発業務のプロフェッショナルを対象にした、過去最大規模の調査の1つである「Veeva 2019 Unified Clinical Operations Survey:Annual CRO Report」の調査結果を公開しました。それによると、臨床試験パフォーマンスの改善に向けた業界全体の動きの中で、医薬品開発業務受託機関(CRO)が著しい進展を遂げており、パートナーとのコラボレーションを強化して臨床試験パフォーマンスを改善するために、手作業によるプロセスの削減と臨床試験実施における主要領域の最新化を進めていることが明らかになりました。

プレスリリースはこちら