小林妙子 ウイルス・再生医科学研究所助教、影山龍一郎 同教授(兼・高等研究院 物質-細胞統合システム拠点=iCeMS(アイセムス)連携主任研究者)らの研究グループは、成体脳内の神経幹細胞の増殖・休眠がリソソーム活性の変動によって制御されていることを見いだしました。

プレスリリースはこちら