理化学研究所(理研)生命医科学研究センター統合ゲノミクス研究チームの矢崎潤史上級研究員、小原收チームリーダー、理研生命機能科学研究センター 細胞システム動態予測研究チームの城口克之チームリーダー、慶應義塾大学医学部の天谷雅行教授らの共同研究グループは、新しいタンパク質標識法である「タンパク質-DNA複合体作製法(ハロタグタンパク質バーコーディング法)」を開発し、次世代シーケンサーを用いたタンパク質の定量に成功しました。

プレスリリースはこちら