アステラス製薬株式会社(本社:東京、以下「アステラス製薬」)は、Pfizer Inc.(本社:米国ニューヨーク州)と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体伝達阻害剤であるXTANDIR(一般名:エンザルタミド)について、化学療法施行歴のない、アンドロゲン除去療法(Androgen Deprivation Therapy:ADT)が無効の、無症状または軽度の症状を有する転移性去勢抵抗性前立腺がん(metastatic Castration-Resistant Prostate Cancers:mCRPC)に対する治療薬として、11月18日に、中国の国家薬品監督管理局(National Medical Products Administration:NMPA)から承認を取得しました。

プレスリリースはこちら