富士フイルム富山化学株式会社(本社:東京都中央区/社長:岡田 淳二、以下 富士フイルム富山化学)は、11月21日、カナダのバイオベンチャーAppili Therapeutics(以下、Appili社)と、抗真菌薬の候補化合物である「T-2307」の海外における開発権・販売権等を導出する契約を締結しました。本契約の締結により、「T-2307」の開発権・販売権等をAppili社に譲渡するとともに、同社から開発マイルストンおよびロイヤリティを受領します。

プレスリリースはこちら