当社がVBL Therapeutics(VBL社)より国内開発販売権を取得したVB-111に関し、UCLA神経腫瘍学プログラムのディレクター兼教授であり、VB-111の再発悪性神経膠芽腫(rGBM)における主任研究者であるTimothy Cloughesy医師が主導する新規第II相試験について、2019年11月20から24日に米国のアリゾナ州フェニックスで開催されているSociety for Neuro-Oncology annual meeting(SNO)で発表されますので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら