(ニュージャージー州プリンストン、2019年11月20日)-ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、本日、根治切除後のステージIIIb/c/dまたはステージIV(無病生存状態)の悪性黒色腫患者の術後補助療法におけるオプジーボ(一般名:ニボルマブ)とヤーボイ(一般名:イピリムマブ)の併用療法を、オプジーボの単剤療法と比較評価した無作為化第III相 CheckMate-915試験の主要評価項目の1つの結果を発表しました。

プレスリリースはこちら