富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、このたび、米国において、進行性の固形がんを対象とする抗がん剤「FF-10850」の臨床第I相試験を開始いたしましたのでお知らせいたします。「FF-10850」は、既存の抗がん剤「トポテカン」を新規開発のリポソームに内包したリポソーム製剤です。

プレスリリースはこちら