北海道大学大学院理学研究院化学部門の今野翔平博士、石森浩一郎教授、同研究院数学部門の行木孝夫教授は、同大学院物質科学フロンティアを開拓するAmbitiousリーダー育成プログラムの異分野ラボビジットの成果を元に、これまで明確な基準がないまま分類されていたタンパク質の立体構造を新規に開発したネットワーク理論により客観的な指標を用いて分類することに成功しました。

プレスリリースはこちら