一般財団法人阪大微生物病研究会の子会社である株式会社BIKENの瀬戸事業所において、ワクチンの原料である弱毒ポリオウイルス3型(セービン株)を含む培養液 100L(ウイルス最大10の13乗個含む)が、適切な不活化処理(死滅させること)を施さないまま排水されたことが、8日発覚しましたので、報告いたします。

プレスリリースはこちら