アストラゼネカは、10月28日に、第III相POSEIDON試験において良好な結果が得られたことを発表しました。本試験は治療歴のないステージIVの(転移性)非小細胞肺がん(NSCLC)患者さんを対象としており、イミフィンジおよび抗CTLA-4抗体のトレメリムマブ(遺伝子組換え)(以下、「トレメリムマブ」)と化学療法との併用療法において、無増悪期間(PFS)の延長が示されました。

プレスリリースはこちら