当社は、このたび、デング熱ワクチン(TAK-003)の新製造施設をドイツのジンゲン工場内にオープンしましたのでお知らせします。ジンゲン工場の新たなワクチン製造施設は、デング熱ワクチンの包装ラインから使用を開始し、薬液調製、充填、ラベリング、二次包装に利用されます。本製造施設に関し、当社は1.3億ユーロ以上を投資しており、今後最大200名の従業員を雇用する予定です。

プレスリリースはこちら