水野桂医学研究科博士課程学生、赤松秀輔同助教、小川修同教授、藤本明洋同特定准教授(現・東京大学教授)、中川英刀理化学研究所チームリーダーらの研究グループは、分子バーコード法と呼ばれる手法と情報解析法を組み合わせて、血中遊離DNA(cfDNA:cell-free DNA)のシークエンスデータから、がん細胞に由来する微量の突然変異(cfDNAの0.2%程度)を高精度に検出する解析手法(eVIDENCEソフトウェア)を開発しました。

プレスリリースはこちら