サーモフィッシャーサイエンティフィックジャパングループ(本社:東京、代表取締役:室田博夫)は、2019年2月26日付で非小細胞肺がん(NSCLC)の4種のドライバー遺伝子を検出し、8種類の分子標的薬の同時適応判定を可能とする一部変更承認として薬事承認を取得した、次世代シーケンシング技術を用いたコンパニオン診断システム「オンコマイン Dx Target Test マルチ CDx システム」に関し、「T790Mを含むまれなEGFR遺伝子変異(uncommon mutation):EGFR遺伝子のエクソン18-21の遺伝子変異(EGFRエクソン19欠失変異およびEGFRエクソン21 L858R変異は既承認)」の検出の追加について、2019年10月28日付で厚生労働省より一部変更承認を取得したことを発表します。

プレスリリースはこちら