大阪大学大学院医学系研究科の馬場孝輔特任講師(常勤)(神経内科学望月教授)らの研究グループは、人工的に合成したαシヌクレイン凝集体を直接マウス脳に接種することで、パーキンソン病の病理学的特徴であるレビー小体の形成と、それに続く進行性のドパミン神経の脱落を再現し、よりヒトのパーキンソン病病態に近い優れたモデルの作製に成功しました。

プレスリリースはこちら