筑波大学生存ダイナミクス研究センター(TARA)の深水昭吉教授らの研究グループは、ホルモン受容体APJによる血管収縮にはα1Aアドレナリン受容体との機能的な協調作用が重要であることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら