名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学の坂口輝洋客員研究者、竹藤幹人助教、室原豊明教授、同大神経情報薬理学の天野睦紀准教授、貝淵弘三教授らの研究グループは、プロテインキナーゼN(PKN)が関与した心不全の新規メカニズムを明らかにしました。

プレスリリースはこちら