中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:小坂 達朗)は、切除不能な肝細胞がん(HCC)患者さんの初回治療におけるテセントリク(アテゾリズマブ)とアバスチン(ベバシズマブ)の併用療法について検討した第III相臨床試験であるIMbrave150試験の結果を本日発表したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら