塩野義製薬株式会社は、XOFLUZA(一般名: バロキサビル マルボキシル)について、「合併症を併発するリスクが高い12歳以上の患者の発症後 48時間以内の急性のインフルエンザウイルス感染症治療」を追加適応として、米国食品医薬品局(FDA)より承認されましたので、お知らせいたします。本新薬承認追加申請は、グローバル第III相臨床試験(CAPSTONE-2)の結果をもとに行われ、FDAの審査終了目標日(PDUFA date)は2019年11月4日でした。

プレスリリースはこちら