筑波大学生命環境系八幡穣助教、野村暢彦教授らの研究グループは、多数の細胞の自家蛍光を同時に解析するテクノロジーCRIF(Confocal reflection microscopy-assisted single-cell innate fluorescence analysis、共焦点顕微鏡による一細胞内在性蛍光分析法)を開発しました。

プレスリリースはこちら