千葉大学、理化学研究所、かずさDNA研究所の植物分子科学の共同研究グループは、植物の進化の過程で薬用成分を生成するカギと考えられてきた酵素に着目し、この酵素を生み出す遺伝子をモデル植物であるシロイヌナズナに導入したところ、新しい成分が生成されたことを確認しました。

プレスリリースはこちら