アストラゼネカ、肺がん治療におけるパートナーシップ、LungAmbitionAllianceを立ち上げ、2025年までに肺がん5年生存率を2倍に高める

(2019.07.12 11:18)

 世界肺癌学会(IASLC)、ガーダントヘルス(GuardantHealth)、世界肺癌連合(GLCC)およびアストラゼネカは、肺がんによる死亡を将来的になくすことを目指す新たなパートナーシップ、LungAmbitionAlliance(以下、LAA)の設立を発表しました。LAAは、2025年までに肺がん患者さんの5年生存率を現在の2倍にすることを目標としています。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧