当社がVBL Therapeutics(Nasdaq:VBLT)より国内開発販売権を取得したVB-111に関し、再発悪性神経膠芽腫(rGBM)における第2相および3相臨床試験のMRI解析の結果、客観的奏効およびVB-111活性として特徴的なMRI像に関連した生存期間の延長が示されたことが6月1日からシカゴで開催されている2019年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で発表されました。

プレスリリースはこちら