佐藤靖史教授の研究グループは、血管新生を抑制する新規因子Vasohibin-1 (VASH1)と、そのホモログ(相同体)でVASH1と拮抗するVasohibin-2(VASH2)を発見しています。このうちVASH2は、正常組織では発現しませんが、さまざまながんで発現上昇し、がんの進展と密接に「関係していること、さらに膵がんにおいて、VASH2の発現が高い患者ほど生存期間は有意に短いことを明らかにして来ました。

プレスリリースはこちら