東北大学大学院医学系研究科遺伝医療学分野の新堀哲也(にいほりてつや)准教授、永井康貴(ながいこうき)大学院生、青木洋子(あおきようこ)教授、創生応用医学研究センター細胞増殖制御分野中山啓子(なかやまけいこ)教授らの研究グループは、Duke大学(米国)、横浜市立大学などと共同で、先天性心疾患や骨格の異常などを伴う先天性疾患であるヌーナン症候群の新規原因遺伝子としてRRAS2(アールラスツー)遺伝子変異を同定しました。

プレスリリースはこちら