Array BioPharma Inc.(NASDAQ:ARRY、以下、Array社)は、本日、1~2回の治療歴を有するBRAFV600E遺伝子変異陽性の転移性大腸がん(mCRC)患者を対象に、BRAF阻害剤であるBRAFTOVI(encorafenib:エンコラフェニブ)、MEK阻害剤であるMEKTOVI(binimetinib:ビニメチニブ)および抗EGFR抗体であるERBITUX(cetuximab:セツキシマブ)の3剤併用療法を評価した第III相BEACON CRC試験の中間解析における肯定的な結果を発表しました。

プレスリリースはこちら