国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP、東京都小平市、理事長:水澤英洋)神経研究所(所長:和田圭司)モデル動物開発研究部(部長:関 和彦)の梅田達也 室長らの研究グループは、脳情報デコーディング技術(脳活動を運動の意図や筋活動をあらわす一種の暗号とみなして、これを解読する技術)を用いて自由に行動しているサルの脳活動から筋活動情報を解読することに成功しました。

プレスリリースはこちら