理化学研究所(理研)生命医科学研究センター免疫遺伝子発現研究YCIラボの吉田英行上級研究員らの国際共同研究グループは、マウスの免疫細胞の遺伝子発現パターンやクロマチン構造の大規模な解析を行い、遺伝子発現を制御すると考えられるゲノム領域を50万カ所以上同定しました。

プレスリリースはこちら