名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の中道範人 特任准教授、大学院理学研究科の上原貴大 博士課程修了生、水谷佳幸 修士課程修了生、早稲田大学の山口潤一郎 教授らの研究グループらの研究グループは、低分子化合物を使って植物時計に関わる新たなタンパク質とその働きを発見しました。

プレスリリースはこちら