2019年5月8日 ニュージャージー州ケニルワースーMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は、開発中の15価肺炎球菌結合型ワクチン(以下、V114)を生後6週~12週の健康な乳幼児に接種したときの安全性、忍容性および免疫原性を現在使用されている13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13)と比較する第2相試験(NCT02987972)の結果を公表しました。

プレスリリースはこちら